国際結婚の性と名前について

国際結婚の性と名前について

異なった国籍を持った男性と女性の結婚のことを国際結婚と言います。
2000年代半ばに国際結婚は急増し、日本では3月14日が国際結婚の日とされています。
これは1873年に日本で初めて外国人との結婚が認められた日を記念したものです。日本の場合、国際結婚をした外国人は外国籍を結婚後も有し続けることもあれば、帰化する場合もあります。婚姻による特別帰化が日本では認められており、居住条件の緩和や20歳未満でも帰化することが可能となります。
国際結婚をする場合には、一方の当事者の本国法に従った婚姻の手続きを行います。日本では婚姻届を日本で提出する必要があります。
日本では夫婦の名前は男性か女性のどちらかの名前に統一されますが、国際結婚については1984年に国籍法が改正され、夫婦別姓が認められるようになりました。
勿論日本人同士の結婚と同様に、男性か女性のどちらか一方の名前を名乗ることも可能です。将来の子供の名前にも関わることなので夫婦で慎重に話し合う必要があります。

Valuable information

m&a

2018/11/15 更新